帯広、「観月苑」をオススメする3つの理由。1万円台からの客室露天風呂へどうぞ!

どうも!BMW乗りシンノです。

温泉地を駆け抜ける…と銘打っているくらいなので僕は温泉大好きなんですが、
その中でも【客室露天風呂】付きの温泉がとっても好きなんです。

客室露天風呂といったらあなたはどんなイメージを受けますか?

  • 高い
  • 高級
  • おいそれと泊まれない
  • 贅沢
  • 狭い?

まっさきに思い浮かぶのはそう!【高い】ということでしょうか。

確かに、某旅館に泊まろうと思ったら、一泊3万円台後半なんてのもザラです。
…二人泊まれちゃいますよね?(笑)

さすがに僕もそんなに派手にお金を使えるわけではないので、泊まりやすい価格帯の旅館を選択します。
そして、探していた中で発見したのが北海道は帯広にある【観月苑】という温泉旅館。

1万円台からの客室露天風呂宿泊プランもあるので是非、客室露天風呂デビューを検討してみてくださいね。

スポンサーリンク



観月苑について

ご覧の通り川べりにある温泉旅館です。
人通りも少なくひっそりとしているので、ゆっくり温泉に浸かるには最適ですね。

観月苑へのアクセス

飛行機

羽田空港~帯広空港(1時間40分)→車(20分)→観月苑:所要時間約2時間

中部国際空港(1時間45分)→新千歳空港(JR乗り換え札幌方面、エアポートライナー3分)→南千歳駅(特急スーパーあおぞら・特急とかち2時間10分)→帯広駅→車(20分)→観月苑:所要時間4時間18分

関西国際空港(2時間40分)→新千歳空港(JR乗り換え札幌方面、エアポートライナー3分)→南千歳駅(特急スーパーあおぞら・特急とかち2時間10分)→帯広駅→車(20分)→観月苑;所要時間5時間13分

JR

札幌駅(特急スーパーあおぞら・特急とかち2時間10分)→帯広駅→車(20分)→観月苑;所要時間2時間30分
新千歳空港駅(札幌方面、エアポートライナー3分)→南千歳駅(特急スーパーあおぞら・特急とかち1時間40分)→帯広駅→車(20分)→観月苑:所要時間2時間3分

札幌(道東自動車道 音更・帯広IC約3時間)→観月苑:所要時間約3時間
新千歳空港(道東自動車道 音更・帯広IC約2時間30分)→観月苑:所要時間約2時間30分
とかち帯広空港(40分)→観月苑:所要時間約40分
帯広駅(20分)→観月苑:所要時間約20分

ご覧の通り、羽田以外からの北海道入りはかなりハードルが高いということが分かります。
羽田以外からのルートであれば、千歳空港からレンタカーを使用した方が金額的にも時間的にも気分的にも楽かもしれません。

ちなみに北海道の旅行にはレンタカーをオススメしています。
その理由については以下の記事を参考にしてください。

記事を見る 北海道旅行ではレンタカーを使うべき5つの理由とその意味

スポンサーリンク



「観月苑」のオススメポイント3つをご紹介します!

その1お値段

冒頭で書きましたが、客室露天風呂の温泉地は高い印象があります。
北海道の最高級ホテル「望楼NOGUCHI」では1泊約4万円~というところもあります。
ちなみに、こんな感じ

とてもそれでは気軽に来れる値段ではありませんよね。
それくらい出すんなら3泊4日の韓国旅行くらいできちゃいそうです。

通常の客室露天風呂でも2万円台後半からと、それなりのお値段がします。
そんな中客室露天風呂デビューにふさわしい比較的安価な設定(1万円台後半~)になっています。

これをオススメと言わずして何と言いますか!!(笑)

その2泉質

帯広の温泉は【モール温泉】といって全国的にも珍しい茶色のお湯です。もちろん北海道としても【遺産】と賞されるもの!

十勝平野の地層には、太古の植物が完全に炭化しないで残った、
亜炭、泥炭のほかに花崗班岩(かこうはんがん)が広く分布しています。

亜炭、泥炭に含まれている腐植物質(フミン物質)は、肌をすべすべにし、皮膚を再生する作用があります。
一方、花崗班岩は、温泉の分子を細かくする特性があります。

十勝川「モール温泉」は、植物のエキスと岩石のミネラルの両方をたっぷり含んでいるので、ほかの植物性温泉にはない、化粧水のような保湿効果があり、浸透性に富み、肌に優しい温泉です。

入った感想としては湯冷めしにくく、サラッとした肌触りが特徴的でした。
植物性ということだけあって、湯の花が多かったですね。
最初は泥のような感じもして微妙でしたが(笑)慣れると快適です。

写真も客室露天風呂だからこそ撮ってこれました。普通の風呂は携帯・カメラはご法度ですからね。

手すりもついているので滑りやすい床でも安心して入れます。

その3立地

十勝川温泉街は大きな橋を渡った先にあります。
そのため、夜はとても静かに過ごせます。
北海道の冬ならではの特有の吹雪も見られます(北海道に住んでいる人からすれば当たり前で見向きもしないですが(笑))

さらに、車で行く方限定ですが程よく田舎なので車を走らせていると広い道路を快適なスピードで走ることができるのでストレスが少ないというのもあります(ただし十勝型事故と言って出合い頭にぶつかる事故も多いので注意が必要です)

明るいうちに敷地内を 散歩というのも風情があっていいかもしれませんね。

番外編

食事はプランによっても違いがありますが一般的にはブッフェスタイルです。ブッフェでも北海道産の食材を使っているので十分に美味しいのですが、
夕食を豪華にしたければそれ相応のプランに変更せざるを得なくなり、結果1万円台で客室露天風呂を楽しむということが難しくなってしまいますが、そこは予算と相談して悔いのないように決めてください。

こちらは両親の結婚記念日のお祝いに使わせてもらったときの料理です。

この時僕は【サプライズ】を仕掛けました。
料理の提供が終わったころにケーキを持ってきてくれるように依頼しておいたんです(帯広は「柳月」というところが有名でそちらのケーキにしましたが、要望があれば持ち込みで対応することもできるそうです・感謝!!)

ちなみに柳月の有名なお菓子はこちら

37年の記念日でしたねー。

美味しい食事と、楽しい思い出と。
両親にも喜んでもらえたので最高の一日でした。

次は一緒に行くお相手に【サプライズ】仕掛けたいですね(笑)

まとめ

帯広、観月苑の記事いかがでしたか?

中々1万円台からの客室露天風呂を体験できる旅館は少ないかと思います。
それを可能にしてくれるあたりさすがの北海道ですね。

このように賢く選べばネックとなっていた「高い」という敷居も難なくクリアできるかもしれませんね。

ちなみに一口に客室露天風呂といっても、この旅館のプランでも

  • 8畳和室客室露天風呂
  • 10畳和室客室露天風呂
  • 10畳和洋室客室露天風呂
  • 最上階展望露天風呂(限定4部屋)

とあります。その中の一番リーズナブルなお部屋(8畳和室客室露天風呂)が1万円台で泊まれるようになっています。
付いている露天風呂も部屋のサイズにつれて大きくなっていきます(今回の写真は一番お安い部屋です)

あとは予算に合わせて賢く選ぶのが旅行を楽しむ方法かと思います。

北海道ならではの冬の季節に客室露天風呂で温まるというのもおつな楽しみ方じゃないかなと思います。
世界的も珍しい【モール温泉】を堪能できると思います。客室露天風呂ということでのぼせることは少ないと思いますが、
くれぐれも湯冷めにご注意してくださいね。

スポンサーリンク



投稿者プロフィール

温泉地を駆け抜けるBMW乗り・シンノ
温泉地を駆け抜けるBMW乗り・シンノ
北海道在住、独身貴族シンノ。
フットワークの軽さは自信アリ。愛車のBMWで気になったところを駆け抜けます。基本的には車での移動中心となっています。

お休みが日曜の他に平日の場合もあるので平日にも出没します。

スポンサーリンク

ブログランキング参加中!

「役に立った!」と思ったらぜひクリックしてください。 クリックしていただくと大変励みになります!

コメントを残す

*
*
* (公開されません)