旭川・氷像彫刻世界大会や冬まつりへ観光!見どころと、寒い思いをせずに行動できる厳冬時期の服装もご案内

どうも!BMW乗りシンノです。

北海道特有のイベントというか、年間行事で必ず起こるのが「積雪」です。
どうあがいたって、雪が降ります(笑)

その雪があるからこそ、楽しめる行事が「雪まつり系」(札幌では雪まつり、旭川では冬まつりと混同しやすい)です。

北海道の真冬は言わずと知れた厳冬地です。

でも、その厳冬地だからこそ見られる景色も魅力の一つだと僕は思います。

寒いからこそ楽しめる北海道の魅力を記事にしました。

スポンサーリンク



北海道旭川の真冬の気温って?

内地(北海道では本州をこう呼ぶこともあります)では冬でも10℃程度はありますよね?
僕の住んでいる旭川では真冬の平均気温は1月-12.3℃ 2月では-12.7℃となります。

よく見てください。
-12.7℃ですよ?

内地の気温の全く逆の温度です(笑)

ちなみに北海道では冬の場合「〇〇℃」と表現する場合はマイナス気温が基本なのでマイナスを付けずに言う場合がほとんどです。

なので、道民は「今日〇〇℃だって~寒いねー」

という会話を内地の人が聞くと「なんだ、北海道でもあんまり気温が寒いわけじゃないんだな」と
思いがちですが、その実マイナスでしたなんてオチが(笑)

基本的にはこんな世界です。

一面真っ白で何も見えない【ホワイトアウト】さながらの世界があなたを待っています。

旭川で毎年開かれている氷像イベントとは?

厳冬時期の2月に行われているのが氷像コンテストです。

photo by 旭川市公式サイト
photo by 旭川市公式サイト

氷彫刻の大会としては、日本国内で唯一実施される公式国際大会です。
約40時間にわたり競技が実施され、完成後は旭川冬まつりの期間終了まで作品が展示されます。
また、夜には作品がライトアップされ、昼間とは違った幻想的な様子が見られます。

2017年度は
競技期間:2017年2月7日午後7時から2月9日午前11時まで
展示期間:競技終了後から2017年2月12日午後10時まで

北海道だからこそ見られる冬の期間だからこその美しい景観です。
寒さを堪えたからこそのご褒美のような芸術を体験してみませんか?

旭川・氷像彫刻世界大会場所はこちら

赤い線が買物公園通り(氷像の展示エリア)でそのさらに上が昭和通りがあります(ここにホテル街があります)
以下のオススメホテルで紹介するトーヨーホテルはこの昭和通りにあります。

また、どうしても寒さに耐えられなかった場合には、買物公園通りにコンビニもありますので、温かい飲み物をチャージして挑んでみてください。

北海道の厳冬時期(12月〜3月)にふさわしい装備とは?

とにかく北海道の冬は寒い事に加え、滑ります。

よって足元をしっかり整えることから快適な歩きができるというところ。
北国の足元を支えてくれる良品はこちら

投稿者プロフィール

温泉地を駆け抜けるBMW乗り・シンノ
温泉地を駆け抜けるBMW乗り・シンノ
北海道在住、独身貴族シンノ。
フットワークの軽さは自信アリ。愛車のBMWで気になったところを駆け抜けます。基本的には車での移動中心となっています。

お休みが日曜の他に平日の場合もあるので平日にも出没します。

スポンサーリンク

ブログランキング参加中!

「役に立った!」と思ったらぜひクリックしてください。 クリックしていただくと大変励みになります!

コメントを残す

*
*
* (公開されません)